手抜きしがちなリップメイクについて

af9920062652l

 

リップメイクは時々手抜きしがちになってしまいます。

アイメイクやベースメイクを念入りにして化粧がバッチリと決まったという気持ちがいっぱいになり、最後に重要な口まわりがなぜかそっけないものになります。

 

 

そのままの口色だったら、やはり周りのひとから見れば気分が悪いのかななど思われてしまいます。なので必ずグロスや口紅などを塗ることを怠らないでほしいです。グロスや口紅の色は濃い赤や濃いピンクや薄い系や時にはベージュなど様々なものがあります。その色を選ぶときは、アイメイクであるシャドーの色やチークの色、どのような雰囲気を出したいかにとって変えるべきです。

 

 

例えば、シャドーの色が薄い茶色やピンク系ならば、口紅の色は薄いピンクやベージュ、一方シャドーを濃い茶色や青もしくはグリーンなどにするならば濃い赤の口紅で決めるとカッコよく見えます。最近は、濃い赤の口紅が若者の間で注目を集めており、全体に目立つメイクが流行っています。口紅とグロスを重ねる手法もおしゃれの一つです。グロスがラメの入っているものならよりきらびやかに口元を目立たせることができます。このように、少しメイク技を変えるだけで、より女性らしくキレイな口元を手に入れられます。

 
敏感肌 化粧品はリアルコスメ
 

yjimage4