Author Archive

ついやってしまいがちなグロスの付けすぎを防ぐ方法

潤っている女性の唇は魅力的ですが、グロスの付けすぎでギラギラとてかっている場合は下品に感じられてしまいます。
口紅を使わず、グロスだけでメイクを済ますのは失敗の元です。
ベースメイクの前に唇にまずは保湿効果のあるクリームなどを塗っておきます。
ベースメイク、アイメイクなどが終わったら、ティッシュを軽く唇に挟み、余分な油分を取り除きます。

 
唇の色が濃い方や輪郭を消したいという場合はコンシーラーで軽くたたくようにして色や輪郭を消しておきます。
次にペンシルで輪郭を取ります。この作業で口紅が長持ちしてメイク直しの手間が減ります。
ペンシルを使う際、唇が薄い方はやや厚めに、口角が下がり気味の方は口角を1mmほど上げて輪郭を取ったあと、その中を塗りつぶすようにして口紅を塗ります。

 
次にグロスですが、口紅でしっかりと色を塗っているので全体に塗りのばす必要はありません。
口角を避けて下唇の中央、上唇に触れるような場所にだけ、ポンポンと軽く乗せるようにして塗り、唇をすり合わせるようにするとさりげない潤い感が出て女性的な唇を演出できます。
口紅の色を抑え目にしてグロスを濃い目にすると立体感も出ます。
ラメや赤みの少ないものを使えばある程度年齢が上の方や、働く女性にも不自然さはありません。

 
飲食すると簡単に落ちてしまうのでこまめに塗り直すのがツヤツヤな唇を保つコツです。

ポイントは立体感

艶やかでぷるぷるの唇を持つ女性はとても魅力的に見えます。
しかし中には薄い唇がコンプレックスという女性も多くいます。
そんな人は唇に立体感を持たせるようなメイク方法でコンプレックスを解消することができます。

 
まず、唇のケアをすることから始めます。毎日のケアとしてできることが、冬はなるべく乾燥させないように保湿効果の高い唇用クリームをこまめに塗るということと、夏は紫外線の影響で皮がむけてしまったり、カサついてしまうのでUVケアができるようなタイプのものを塗ることが必要です。乾燥したり皮がむけてしまっている唇に口紅やグロスを乗せてもなかなかキレイに仕上げることができないので、素の唇をしっかりとケアすることが大切です。
ケアがしっかりできたら次はメイク方法です。口紅をただ塗っただけ、グロスを塗っただけではのっぺりとした印象になってしまい、ポイントである立体感を出す事ができません。

 

 
まずはコンシーラーで唇の色や輪郭を消すことから始めます。それができたら口紅とグロスを塗っていくのですが、唇の中心からポンポンと置くようにして塗っていくことで立体感を出す事ができます。
グロスはたっぷりと塗ることでぷっくりとした印象になりますが、塗りすぎると垂れてきてしまうので注意が必要です。

似合うカラーの選び方

好きな色は何かと問われれば、思いつく自分の好みの色を答えればよいですが、似合う色は何ですかと問われると、途端に答えられない人が多いでしょう。自分に似合う色とは主観的に、また客観的に見ても自分とよく合っている色のことを指します。衣服のコーディネートをする際にパーソナルカラー診断という方法を用いることがあります。これは自分の肌、髪、瞳などの色素を基に自分に似合う色を割り出す診断方法です。この診断結果による色をコーディネートに取り入れることによって、自分の顔色や雰囲気に、よりマッチしたスタイルを完成させることができるのです。

 

 

この診断は衣服のみならず、髪色やメイクのマッチカラーを選ぶ際にも同じように活用することができます。自分がなりたいイメージに合うように色味を取り入れてメイクアップをすることもできます。メイクアップのパーツの中でもリップメイクにおいては自分に合う色を取り入れることによって、一気に表情に光が差し華やかになります。元々の唇の色と口紅やグロスの色の合わさり方によって、同じ商品でも様々な色味になりますので、自分の理想の色により近づけることを考慮して選択することが重要です。

 

 

自分に似合う色を見つけることで、自分の本来の美しさをより魅力的に見せることができるでしょう。

基本の3アイテムを手に入れる

唇が綺麗で潤ってるとそれだけでセクシーです。艶があって、ぽってりとした唇は大変人気があります。唇は意外と人から見られているパーツで、唇の色が悪いとそれだけで不健康に見られます。逆に唇の色がいいと実年齢よりも若く見られます。唇は歳を取るにつれだんだんボリュームがなくなっていくため、女性なら気をつけてケアしてきたいパーツです。
ぷるぷるの唇を手に入れるためには普段の手入れが必要になります。乾燥してガサガサになっていると魅力が半減してしまいます。乾燥から守るために普段から保湿をよく行って下さい。唇の色が悪い場合、口紅を塗れば顔がパッと明るくなります。

 
唇メイクの基本アイテムは口紅、リップライナー、グロスです。この3つがあればセクシーで艶やかな唇を作り上げることができます。現在ギャルの間で赤い口紅が流行ってますが、もう少しナチュラルな印象にしたい方はピンクやベージュがお勧めです。口紅を塗る前にまずペンシルで唇の輪郭を取り、口角まできちんとラインを引くとより唇が印象的になります。よりセクシーに見せたい方は輪郭を唇の外側に描くといいです。

 

 

ラインがあると唇にそれほど色を塗らなくても存在感のある唇に見えます。
唇の印象が変わるだけで可愛くなれます。美人に見える色を是非探して下さい。

リップメイクの注意点

リップメイクをする際には、注意点がいくつかあります。
まず1つ目の注意点は、肌の色に合ったカラーを選ぶことです。一般的に、黄味が強い肌(イエローカラー)にはオレンジ系、青味が強い肌(ブルーカラー)にはピンク系が合うとされています。自分の肌がイエローカラーなのかブルーカラーなのか分からない場合は、百貨店のコスメカウンターなどで簡単なカウンセリングをすればすぐ分かりますし、似合う口紅を選んでもらうこともできますので、一度調べてみることをおすすめします。さらに、色白の方は明るめの色、色黒の方は暗めの色が合いますので、色々試してみてください。

 

 
また、口紅を塗る時に周りにラインをひく場合は、ライナーの色に気をつけてください。ラインの色は、必ず口紅の色よりもやや薄めにします。濃い色でラインをひいてしまうと、ラインがくっきりと際立ってしまい、古くさく老けた印象になってしまいます。最近の流行りでは、ラインはハッキリしたものよりもふわっとぼかしたものが好まれますので、ラインの色は淡いものを選びましょう。そして、パーティー等の特別なメイクをする時にはグロスなどを重ねて使い、唇に潤いやゴージャス感を演出するのも素敵ですね。

男性が一番最初に見るパーツ、実は唇って本当?

男女問わず、異性の視線は常に気になるものです。特に女性ならばなおさらです。しかし、人によって見るところはそれぞれあり、一概にここを見ているとい断言することは出来ませんが、基本的に男性は女性のある部分をよく見るといわれます。

 

 
ある雑誌社の調査では、男性は初対面の女性と会話をする際、女性の唇を見ながら会話をし、その時間は会話時間の半分にもあたるとされています。会話の最中に他の部分、目や髪の毛、鼻などを見ることはありますがそれはほんのわずかな時間で、これはこの部分が女性の体の中で一番魅力的な部分の1つであることを示しています。また、別の調査では、この部分が魅力的な有名人として多くのハリウッド女優や歌手の名前が挙げられていますが、彼女たちは皆、ぽってと厚みを持たせ、ボリュームアップでセクシーに見せています。彼女たちのようになりたいのならば、ヒアルロン酸を注入するなどの整形法がありますが、メイクでも簡単に行うことができ、輪郭を大きく見せたり、グロスでつやつやでセクシーにしたりなどその方法は数多くあります。

 

 
このように女性は男性が女性のどの部分を一番見ているのか知り、その部分を強調することで男性の視線を集めることができます。

唇にツヤを出すことで運気もアップ

人相・顔相というのは、運気に関連しているものです。いつものメイクをちょっと意識してみることで開運できるなら、やってみて損はありません。
なかでも唇は恋愛運に関連があります。カサカサしているなら、恋愛運は遠のいているかもしれません。日ごろから丁寧にお手入れしておきましょう。

 
メイクはツヤが肝心。マットな質感は恋愛運には向いていません。光を集めるグロスなどで、ぷっくりした感じを出しましょう。色はナチュラルなピンクベージュで、自然な発色のものを。また、オレンジは出会い運を高めると言われています。グロスは全体に塗るのも良いですが、トップに置くだけでもツヤ感が出て効果があります。べたつきが気になってグロスを使いたくない人も、少しだけでも取り入れることをおすすめします。

 

 
気力が足りない時、口の輪郭がぼやけるそうです。ナチュラルな色のペンシルで輪郭を取るのも、開運の意味からおすすめです。その際は口角をあげるように描きます。口角のあがっている人は幸せに見えて、つまり幸せオーラが出て、自然と周りの人を引き付けます。人間関係が好転すると、その他のこともうまくいくといった好循環が生まれます。ペンシルで輪郭を取る場合も、グロスなどでツヤを出すことを忘れないようにしましょう。

上品な色気を醸し出すリップメイク方法とは

女性として生まれてきたのならば、綺麗にお化粧していつでも素敵でありたいと思うのは、自然なお気持ちです。また、女性は、メイクの仕方ひとつで、印象や雰囲気などを簡単に大きく変えることができます。

 

 

しかし、ご自身のなりたいイメージになかなか上手く近づくことができず、悩んでいる方は案外少なくはありません。メイクひとつで、簡単に女性らしい色気や品を出すことができます。女性らしい上品な色気を醸し出すためには、口元がとても重要になってくるのです。

 

 

唇のお色や質感ひとつで、雰囲気や印象はガラリと変わってきます。上品な色気を出すための、オススメのリップメイク方法のポイントがいくつかあります。まず、口紅やグロスなどを付ける前に、しっかりと唇全体を保湿することがとても大事です。ガサガサだったり、皮が剥けていては、素敵な口元を演出することができません。保湿力の高いクリームなどでしっとりとさせることが重要になります。

 

 

つぎに、女性らしい色気を出すために大事なことが、少しお色のついた口紅などを使用することをオススメします。濃いお色が苦手という方は、薄いお色からチャレンジすると抵抗なく身に付けられます。唇の中心をメインに少しずつ色を足していくようなイメージで付けていきます。最後にはグロスで艶感を足してあげれば完成です。

 

毎日リップメイクをしている人は4割以下の現実

あるニュースに、こんな衝撃的なデータがでました。
実はリップメイクを毎日している人は、たったの4割以下ということです。
これはどういうことかというと、会社に行かない休日などにはメイクをしないという人もいるということです。これだけであれば問題はないのですが、最近はとくに口元のメイクアップはすぐに落ちてしまうからあまり気合を入れてメイクをしないという人もいるのです。

 

 
これはあまり良くないことですね。というのも、唇は乾きやすいということがあります。特にメイクアイテムにも最近はスキンケアの機能が高いものもあり、ただつけているだけでも保湿効果があるアイテムもとても多くなったということです。せめてクリームくらいは塗るようにしましょう。

 

 
また、毎日のケアの中でも唇の皮がむけやすい人の場合は、実は一度乾燥している角質層を剥がしてみるのもポイントでしょう。どいうことかというと、最近は唇用のスクラブや唇用のピーリングアイテムなどもあります。乾燥している角質層がそこから乾燥してしまうことがあるので、乾燥ケアをしても追いつかない現状があります。このため、乾燥が続いたりするようであれば一度クレンジングとしてスクラブなども試すようにしましょう。