ついやってしまいがちなグロスの付けすぎを防ぐ方法

潤っている女性の唇は魅力的ですが、グロスの付けすぎでギラギラとてかっている場合は下品に感じられてしまいます。
口紅を使わず、グロスだけでメイクを済ますのは失敗の元です。
ベースメイクの前に唇にまずは保湿効果のあるクリームなどを塗っておきます。
ベースメイク、アイメイクなどが終わったら、ティッシュを軽く唇に挟み、余分な油分を取り除きます。

 
唇の色が濃い方や輪郭を消したいという場合はコンシーラーで軽くたたくようにして色や輪郭を消しておきます。
次にペンシルで輪郭を取ります。この作業で口紅が長持ちしてメイク直しの手間が減ります。
ペンシルを使う際、唇が薄い方はやや厚めに、口角が下がり気味の方は口角を1mmほど上げて輪郭を取ったあと、その中を塗りつぶすようにして口紅を塗ります。

 
次にグロスですが、口紅でしっかりと色を塗っているので全体に塗りのばす必要はありません。
口角を避けて下唇の中央、上唇に触れるような場所にだけ、ポンポンと軽く乗せるようにして塗り、唇をすり合わせるようにするとさりげない潤い感が出て女性的な唇を演出できます。
口紅の色を抑え目にしてグロスを濃い目にすると立体感も出ます。
ラメや赤みの少ないものを使えばある程度年齢が上の方や、働く女性にも不自然さはありません。

 
飲食すると簡単に落ちてしまうのでこまめに塗り直すのがツヤツヤな唇を保つコツです。